給湯器の水漏れはどこで起きるのか

給湯器の水漏れはどこで起きるのか 毎日の生活の中で、お湯を使うことはバスルームを始め良くあることです。キッチンでもお湯を使えれば、汚れを落としやすくなり清掃の時短に繋がります。あって当たり前になってきている給湯器は、いつでも使えるわけではありません。故障してしまえば、お湯を送り出すことができなくなるからです。
水漏れしてしまう状況は、非常に危険なことが出てきます。安心して使うためにも、水漏れを起こしていないことを確認して使わなければいけません。どんなことが起きるのか、危険性も含めて知ることが大切です。

■経年劣化による故障は起きる

給湯器は、水を供給して使う設備です。水道から水を取り入れてガスや電気で温めます。家庭の各所に送り出していきますが、どうしても複雑な構造になっており、故障もつきものです。水漏れする可能性はいろいろな場所に隠れており、点検もしなければいけません。
永遠に使える機械ではなく、修理も必要です。消耗品もあるため、交換もしなければいけませんが、経年劣化による問題の場合には、多くの場所に波及します。1つの場所で問題が出たら、他の場所でも出る可能性が出てきます。交換する場合にも、点検して他の場所の交換もしなければいけません。

■目で見て判断できないエネルギーを使う
給湯器の水漏れが起きる場所はいろいろとありますが、ガスや電気を使うため危険が伴います。素人が修理したりするには危険があるのは、ガスや電気は目に見えないからです。目に見えない存在は、知識がないと判断が簡単にできません。専門家の知識が必要な反中であり、修理も依頼するのが一番です。
設置する場合にも、ガス設備は素人がおこなうことができません。専門の知識がなければ設置できないのは、それだけの危険性があるからです。水漏れが起きたときにも燃焼器にかかれば不完全燃焼を起こし、一酸化炭素などの問題も出てくるため危険が高い状態なのを理解しなければいけません。
電気も同様で、目で判断ができないことから、感電の危険性も出てきます。細かな部品に水がかかることも出てくるため、非常に危険な状態です。

■ドレーンの排水は給湯器の持つ機能

給湯器は使っていない時間が長くなると、自動的に排水します。ドレーンが取り付けられているため、内部の異常で水漏れを起こしたときとは違った状態です。このドレーンは、内部の水圧が高まったときに圧力を逃がすために使われる装置です。水漏れとは異なりますが、見た目だけでは水漏れと変わらず判断がつかない場合もあります。排水用のドレーンホースが一体どこにあるのかも確認しておけば、間違った判断をすることもありません。
ただし、ドレーンから大量に水が流れる状況は異常です。長期間使わない場合には、凍結を避けるために排出されたりしますが、そもそも大量の水を排出する意味はありません。そこまで多くの水を保持する理由がないためです。水漏れのトラブルと同様に、内部で何か問題を抱えている可能性が出るため、専門家の点検を受けて、正常に使えるようにしなければいけません。

■まとめ
給湯器は、正常に使えるものと思い込んでしまいますが、修理も点検も必要です。手入れが必要な機械で、いずれ耐久の限界もやってきます。屋外に設置する機械として、ある程度の年数がくれば限界を迎えます。
さまざまな要因が絡んで水漏れが起きますが、どんな状態になるのかを知ることで、修理のタイミングなども判断できるようになるでしょう。知らないことが一番の危険のため、給湯器に何が起きるのか、知識を持つことが重要です。異常が起きてから対応するのではなく、細かなサインがあったときには、交換も含めて早めに対処するのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース